All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童福祉の角度で児ポ法を語る

自称児童福祉人間による児童福祉のための主張


以前 母親の方へ向けて児ポ法についての記事を書かせていただきました。
その反響があまりにも凄かったので、この問題に関して私の考えを記しておこうと思います。参考資料などもこちらに載せますので少々長くなりますが、みなさんの誠意にこういう形でお応えしたいと思います。至らぬ点は許してね。

母親の皆さんへ向けてなので、規制反対派の方たちにはもう耳にタコのこともたくさんあると思いますが(^^)
検証からしていきますね。

なぜこの法案が児童を助けることにならないのかはこちらなどを参考にしてください。

子どもの人権と表現の自由を考える会

児童ポルノ法改正案反対派の人間はすべて、児童福祉、児童保護に賛成です。それは子どもが被害に遭うような犯罪はダメだという常識や良心が母親の皆さんと何も代わらないからです。加害者を憎み、子どもの安全を願う人間ばかりです。

現行の児童ポルノ法で充分子どもを守ること、そして子どもを性的搾取する人間を罰することは可能です。ただ子どもを救出する気が行政にないだけで。これが「子どもを助けるために改正される案」ならばみんな賛成します。しかし問題はマンガやアニメを規制することと実際の人間を救うことがごちゃ混ぜにされている、という点です。

取りあえずこちらを読んでからスタート!!

「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ


続きを読む
スポンサーサイト

母親の皆さんに 児童ポルノ法&東京都青少年健全育成条例改正問題について

【母親と性出版物】

何度もすみません。

次回に入る前にまたこの問題について語らせていただきます。
このブログでこの問題について語ることはこのブログとカラーが違うので避けたかったのですが、もう一度だけ語らせて下さい。



私がこの問題について執拗に記事を書くのは、このブログを作ろうと思ったきっかけにあります。それは数年前、児童ポルノ法改正案の論議がヒートアップしてきたときでした。と、いうか最初は全然児童福祉や家族再構成のサイトなど作ろうと思っていなくて有害コミックの規制って本当に子どもたちを守るの?っていう単純な疑問だったんです。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。